スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

イッツ・ファイヴ・オクロック・サムホエア/スラッシュズ・スネイクピット

イッツ・ファイヴ・オクロック・サムホエア(紙ジャケット仕様)イッツ・ファイヴ・オクロック・サムホエア(紙ジャケット仕様)
(2009/11/11)
スラッシュズ・スネイクピット

商品詳細を見る


元Guns N' Rosesのスラッシュがバンド在籍時に発表した1stソロアルバム。
メンバーは後にドロドロの大喧嘩をするギルビー・クラーク
ガンズの正式メンバーではなかったと散々なことを言われ、現在もスラッシュと行動を共にするマット・ソーラム
まだガンズに在籍しているディジー・リード
ベースにはAlice In Chainsのマイク・アイネズ

そして元ジェリーフィッシュのギタリスト、エリック・ドーヴァー

と殆どガンズ。ダフとアクセルが参加しなかっただけか。。。

もともとこのアルバムの曲はスラッシュがガンズ用に書き貯めていたもの。
しかしアクセルに却下された為、曲をそのまま使用してるそうです。アクセル・ローズが歌えばまんまガンズの新作といった感じです。
アクセルは当時この件に関して怒ったというかひがんでましたねwww

ヴォーカルはどことなくアクセル的なしゃがれ声を持っていて個人的には好きな声です。
「ガンズ用に…」と気合入れて作っただけあってキャッチーな曲ありブルージーな曲ありで、しかもソロではレスポール弾きまくりで、ほぼ一発録りの様な勢いは「Appetite for Destruction」に近い物があるのではないでしょうか。

2ndアルバム「Ain't Life Grand」はソウルフルでパワーのあるロッド・ジャクソンというヴォーカリストが起用され、プロダクションも良いんだけど、完成度が高すぎる分、曲がもうひとつなのが気になってしまった。。。
洗練されすぎてるというか、クセがなくて聴き終った後に引っかかるものがないというか。。。
音はカッコいいんですけどねぇ。。。

とりあえず、ガンズのアルバムでは「Appetite for Destruction」が断トツで好きと言う人は聴いてみて下さい。
中古で1円から買えるみたいなのでwww
スポンサーサイト

↓参加ランキングです。よろしければクリックしてくれると嬉しいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

2010-01-30 : S : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

ティーザー/トミー・ボーリン

ティーザーティーザー
(1997/05/21)
トミー・ボーリン

商品詳細を見る


第四期ディープ・パープルの悲劇のギタリストとして知られているトミー・ボーリンの1975年発表の1stソロアルバム。

その腕を認められてリッチー・ブラックモアの後釜としてパープルに加入するも、リッチーと比較されるプレッシャーに負け、麻薬に染まってしまいます。
そのため日本公演はボロボロ、しかもそれがライブアルバムとして世に出てしまい、下手糞ギタリストの烙印を押されてしまいました。(下で紹介してるカリフォルニアのアルバムではいい状態でのプレイが聴けます)
しかし、このアルバムを聴けばいかに多様性に富んだギタリストだったかがわかります。
ハードロックの枠にとらわれないパープルには必要なギタリストだったんですね。
自分はパープルといえばデヴィッド・カヴァーディルがボーカルだった3期と4期が好きで、その3枚のアルバムは聴きまくりました。リッチーもボーリンもいいギタリストなんですよね。。。

さて、このアルバムは、
3曲目「Dreamer」はしんみりとしたバラード。後半グレン・ヒューズがちょっと参加してます。
5曲目「Teaser」はモトリーのカヴァーでおなじみですね。

このアルバムの前にビリー・コブハムの「スペクトラム」というアルバムに参加してるんだけどここでのプレイは物凄いです。弾きまくってます。
これもお薦めです。
ハードロックとはちょっと違いますが、機会があったら是非聴いてみてください。



↓参加ランキングです。よろしければクリックしてくれると嬉しいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

2010-01-28 : T : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

復讐の蠍団~イン・トランス/スコーピオンズ

復讐の蠍団~イン・トランス復讐の蠍団~イン・トランス
(1989/06/21)
スコーピオンズ

商品詳細を見る


スコーピオンズが活動終了ということでここ数日聴きまくってるんですけど、自分も何かとりあげてみようということで選んでみました。
あえて「VIRGIN KILLER」「BLACK OUT」を外すとこのアルバムかな。
1975年リリースの3rdアルバム。ウリ・ジョン・ロート(当時はウルリッヒ・ロートだっけ?)在籍時だけあって暗くてジメッとしてます。
演歌的な暗さがあります。いい意味で。。。
ツインギターがとにかく凄いです。イントロでもソロでもこれでもかというほどに弾きまくってます。
クラウス・マイネのヴォーカルもぐいぐいと高音がのびまくってます。
お薦めは2曲目のタイトル曲「In Trance」。これは絶対に外せません。
静かなイントロから始まって後半壮絶に盛り上がるツインギターがカッコ良すぎます。
「Life's Like A River」も好きな曲です。
この曲「人生は川の如し」って邦題になってるんだけどなんか美空ひばりが歌いそうなナイスな邦題ですよねwww
前半5曲目までの流れがホント神がかってるんですが後半はちょっとダレます。ウリの歌があったり。。。
でもトータル40分にも満たないし一気に聴けるのでちょっと我慢すれば聴き流せますw
あとジャケットもいいですねwww


↓参加ランキングです。よろしければクリックしてくれると嬉しいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
テーマ : HR/HM
ジャンル : 音楽

2010-01-27 : S : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

プロレス 真実一路

プロレス 真実一路 (別冊宝島 1678)プロレス 真実一路 (別冊宝島 1678)
(2010/01/22)
不明

商品詳細を見る


「プロレス地獄変」「プロレス暗夜行路」に続くプロレス暴露本。
もう結構このシリーズ出てますよね。
近くの本屋には売ってなかったので残業終わってから車で30分かけて大きい本屋まで買いに行ってしまいましたwww

おおまかな内容はというと、昭和のプロレスをリングの内外から賑わした人たちの裏話。
あの時はあーだった、こうだったと今だから言える武勇伝的な自慢話。
あと、今の日本プロレス界のダメっぷりについて。

まぁ、自分は今の日本のプロレスにはあんまり興味がないので昭和のプロレスの裏話に期待して買っています。
驚いたのがジョージ高野の近況。
システム開発会社の統括ジェネラルマネージャーをしているらしい。
う~ん。なんか良く読むと怪しい仕事内容の様な。。。
インタビュー中にジョージと猪木の有名なエピソードを少し語ってるんだけど、あのころのレスラーにとっては猪木って今でも神様なんだろうなぁってことがわかります。

そして一番楽しみだったのは、あの「プロレススーパースター列伝」原田久仁信センセの劇画。
今回のテーマもゴマシオこと永島勝司氏。
内外タイムス編集統括プロデューサー抜擢から倒産までを面白おかしく描いてます。
いや原田センセの絵は妙に生々しくて実に味わい深いです。。。
人間の嫌らしい面が全面に出ているというか。。。

まだ読んでない記事に倉持・カブキ対談があるんだけど倉持さん年とったな~。
誰かわかんなかったよ。。。
自分がよく見てた頃から30年近くたってるから当たり前かwww


↓参加ランキングです。よろしければクリックしてくれると嬉しいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

2010-01-26 : プロレス : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

タイム・オブ・ジ・オウス/ハロウィン

タイム・オブ・ジ・オウスタイム・オブ・ジ・オウス
(1996/03/01)
ハロウィン

商品詳細を見る


アンディ・デリス加入後の2作目。
ハロウィンをはじめとする所謂ジャーマンメタルと呼ばれる音楽は、あんまり好きじゃなかったです。
ルックスも野暮ったかったし。。。
実際、前任者マイケル・キスクのころのハロウィンを聴いてもピンとこなかったです。

しかし、何気にレンタルしたこのCDを聴いて、思わずCD屋に買いに走ってしまいましたwww

1曲目からいきなり凄まじいテンションで畳み掛けてバラード5へつなぐ流れはカッコイイ!!
当時かなりのヘビーローテーションで聴いていました。
流れを妨げる曲も何曲かあるけど悪い曲ではないし。。。
なんていうか歌メロに哀愁があるっていうか、ヴォーカルの声自体が憂いを帯びている感じがする。
これは、キスク時代のハロウィンでは感じとれなかったところ。
さかのぼってアンディが以前在籍していたというピンク・クリーム69(ハズかしい名前…)も聴いてみたけど、これもすばらしいです。
これを聴けばアンディがいかにハロウィンに持ち込んだものが大きかったかが良くわかります。
この後のアルバムも買い続けていますが、やはり自分にとっては衝撃度からいってこのアルバムが最高傑作だと思ってます。



↓参加ランキングです。よろしければクリックしてくれると嬉しいです^^

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
テーマ : 本日のCD・レコード
ジャンル : 音楽

2010-01-23 : H : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

まる

Author:まる
音楽、映画、プロレス、ドラえもん大好き!!!

相互リンク大歓迎です。
相互リンク希望の方は、コメント欄にその旨書いてくださると嬉しいです^^

季節特集

CATEGORY+PC

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter

 

お買い得商品

Amazon

ブログ内検索

参加ランキング

よろしければクリックしてくれると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。